タグ一覧

リバースモーゲージ活用術 Vol.5 生前贈与で経済面が不安な子どもを支えたい

リバースモーゲージ 活用
日本では核家族化が進み、「老後は子どもや孫と同居する」といったライフスタイルも徐々に少なくなってきています。親子世代が別々に暮らすということは家計の数もその分だけあり、住宅費一つとっても以前より生活コストがかかる傾向にあります。
特に育ち盛りの子どもを抱える息子・娘の世代は教育費や住宅ローンなど、経済面で不安を抱えていることが多くあります。親としてはそんな子どもや孫たちを支えてあげたいと思うところですが、自分たちの生活資金のことも考えると、なかなか簡単にはいきません。

そこで今回は、「自宅を活用した生前贈与で、経済面で不安を抱える息子・娘世代をシニア世代が支える」ということも可能であることを紹介していきます。

---------
■子どもを経済的に支援したい、でも預金を使ってしまうのは不安
■不動産の贈与は分割の仕方が難しい
■リバースモーゲージなら生前贈与がスムーズ、預金との相殺で利息がかからないタイプも!
---------

子どもを経済的に支援したい、でも預金を使ってしまうのは不安

・シニア世代の子どもたちは経済面に不安を抱えている
息子や娘が子育て中の場合、経済的負担はかなり大きなものです。
現在、子育てには非常に多くの教育資金がかかり、幼稚園から大学まですべて公立・国立を選んだ場合でも約785万円(※)、私立(小学校のみ公立)の場合は約1,499万円(※)かかると言われています。
(※幼稚園〜高校:学習塾などの学校外活動を含む。幼稚園は3年間。大学:私立大学は施設設備費を含む。2年目以降の費用は、初年度の入学料以外がそのまま続くとして4年間で試算。生活費は含まず)(※1)

(※1)文部科学省 平成28年度子供の学習費調査 調査結果の概要
    文部科学省 国立大学等の授業料その他の費用に関する省令
    文部科学省 私立大学等の平成28年度入学者に係る学生納付金等調査結果について

さらに子供が2人、3人と増えるとその分の教育資金に加えて、より広い家に住むための頭金や住宅ローンの支払いが必要になるかもしれません。

・経済的に支援してやりたいが、老後資金用の預金を使ってしまうのは不安
親としては子どものため、そしてかわいい孫のために経済的な支援をしたくなるところですが、自分たちの老後資金用に貯めておいたお金に手をつけてしまうのには不安があるのが正直なところでしょう。年金の先行きも不安なことに加え、急なけがや病気で医療費がかかるかもしれませんし、介護費用などが必要になることも考えられます。
ではどうしたらよいのでしょうか。
リバースモーゲージ 活用

不動産の贈与は分割の仕方が難しい

預金以外の資産といえば後は「自己名義の自宅」が考えられますが、不動産を財産として生前贈与するにはまず分割の仕方が難しいという問題があります。

たとえば子どもが2人いた場合、自宅を売却してその売却代金を半分ずつ贈与するという方法(換価分割)がいちばん簡単ですが、そうするとその後自分たちの住む場所がなくなってしまいます。

また、一人の子どもに自宅を贈与して自分たちと同居し、もう一人の子どもには相当額の現金を贈与するという方法(代償分割)を取ると、子どもたちの間で「どちらが親と同居するのか」を争うなど、あまり起こしたくない問題が発生してしまう可能性あります。
リバースモーゲージ 活用

リバースモーゲージなら生前贈与がスムーズ、預金との相殺で利息がかからないタイプも!

・リバースモーゲージの利用で生前贈与がスムーズに!
なかなか難しい生前贈与ですが、自宅を資産として活用するなら、リバースモーゲージを利用するとスムーズに話が進むかもしれません。

リバースモーゲージとは自宅を担保にして金融機関から融資を受ける方法です。

たとえば預金1,000万円があり、子ども2人に生前贈与を考えているというケースでは、まず預金の1,000万円を500万円ずつ2人の子供に生前贈与して、いざという時のための資金としてリバースモーゲージで1,000万円の融資を受けておきます。
こうすることで少ない負担で自分たちも安心して老後を送りつつ、子どもたちが大変な時期に経済的な援助を行うことができます。

そしてリバースモーゲージの場合、元本の返済は契約終了時(基本的には契約者がお亡くなりになったとき)に一括でご返済するので月々の返済の心配もなく、融資を受けた1,000万円を使っていなければ、そのお金で元本を返済しても良いですし、自宅を売却することで返済することもできます。

・子どもたちに感謝され、自分たちもゆとりをもって暮らせる!
このように分割の仕方や贈与のタイミングが難しい自宅も、リバースモーゲージを活用することでスムーズに生前贈与を行うことができます。子どもたちの経済的な支援をしつつ、自分たちもゆとりをもって生活できるのです。

「子どもや孫のために自分たちの楽しい老後生活を犠牲にするのはもう古い!」

親子三世代全員がハッピーになれる、リバースモーゲージを活用した生前贈与。
一度お考えになってみてはいかがでしょうか。

【出典元】
文部科学省 平成28年度子供の学習費調査 調査結果の概要
文部科学省 国立大学等の授業料その他の費用に関する省令
文部科学省 私立大学等の平成28年度入学者に係る学生納付金等調査結果について

おすすめコンテンツ